おすすめコンテンツ

ゴルフ上達

ゴルフの上達方法について詳しくご紹介します。

ゴルフ上達のカギは20%技術と80%メンタル!

1.練習場での注意点

特に注意しないといけないのが素振りになります。前方、後方を確認する事はもちろんですが、フェンスや壁などにも気をつけて行いましょう。初めたばかりだと、なかなかクラブの長さを掴む事は難しいので、出来るだけ広く感覚をとりましょう。 練習場では、ボールをひたすら打ち込む事に集中して下さい。そうとはいえ、ただ単に打つだけでなく、しっかりと分析することも大切です。またいいスイングを身につける方法としては、出来るだけ重いクラブでスイングすることで、体の使い方をおぼえさせましょう。

スイングする上で特に重要なのが下記の7つになります。

・アドレス

・バックスイング

・トップ

・ダウンスウィング

・インパクト

・フォロー

・フィニッシュ

どれか1つでも崩れてしまうと他も崩れてしまうので意識して行いましょう。

2.ボールを置く位置

ボールを置く位置はとても重要です。例えば、少し左に置く事によりスライスしやすく、逆に少しみ右に置く事によりフックしやすくなります。

3.振り遅れを直したい

大事な事は気持ちです。焦らずにゆっくりスイングする事を意識しましょう。練習にあまりいけないと、早く打ちたいという感覚に襲われてしまい、打ち急いでしまいがちです。その結果、振り遅れを誘発してしまいます。それ以外には、からだの使い方が大事なポイントです。特に大事なポイントを下記に3つ記載しております。

1.肩を水平に回す。

2.手から動かすのではなく、足腰からゆっくりと動かす

3.左手の手首の角度を変えないように固定する。

ページTOPへ

お問い合わせお問い合わせ

三井住友海上インターネットデスク

0120-321-476

[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00
(除く祝日・年末年始)

ゴルフ保険(ゴルファー保険)過去事例

実際にあった補償の具体例をご紹介します。

  • 賠償責任補償
  • ゴルフ場のティーグラウンドでまわりを確認しないで素振りをしたら、パートナーに当たってケガをさせた。
  • ゴルファー傷害補償
  • ゴルフ場でプレー中に後ろのパーティーのボールが当たってケガをした。
  • ゴルフ用品補償
  • ゴルフ練習場でゴルフバッグが盗難にあった。
  • ホールインワン・アルバトロス費用補償
  • 達成のお祝いを記念して贈呈用のタオルを購入した。

その他の具体例

ゴルファー保険おすすめコンテンツ

海外旅行保険@トラベル

保険おまかせ隊