おすすめコンテンツ

ゴルフ豆知識 -ルール・マナー編-

ゴルフのルール・マナーについての豆知識です。

ルール・マナーの基本(スタート前)

まず自分の道具やその他所持品に破損などがないかをチェックしましょう。バッグに入れるクラブの本数もパターも含め14本以下と決められています。15本以上のクラブが入っていればルール違反になります。また、携帯電話は持参しないか、必要な場合はマナー・モードにしておきましょう。

ルール・マナーの基本(ティー・グラウンドで)

ティー・グラウンドではティーの上にボールを乗せて打ちます。また、ティーをセットする場所も定められており、二つのティー・マークを結ぶラインの後方約2.5mの長方形の範囲となっています。打順に関しては、最初のホールに限りクジなどで決めます。それ以降のホールでは前のホールを一番少ない打数でまわった順になります。(※打数が同じ場合は前のホール順になります。)これも基本中の基本ですが、ボールを打とうとしている時は静かにし、また視界にも入らないようにし、順番を待ちましょう。

ルール・マナーの基本(プレーの順番とスピード・プレー)

1打目が全員打ち終わったら、次の打順はピンから一番遠い人から順に打ちます。少しでもスピードプレーを重視する様に、あらかじめ必要であろうクラブを数本持って行きましょう。打つ方の邪魔にならない程度であれば、軽く素振りなどもし、自分の番に備えて心の準備もしておきましょう。その他、自分のボールの場所に来たのになかなか打たなかったり・クラブの掃除をしたりなど同伴者を待たせる事の無いようにスピードを意識したプレーを心がけましょう。

ルール・マナーの基本( OB / ロストボールの処理)

良く耳にするOBというルールがあります。これはコース中に白杭や白線などを超えた場合に適用され、OBであれば1打罰になります。1打目がOBになった場合は再びティー・ショットから打ち直し、2打目以降がOBになると、OBになったボールを打った場所の出来るだけ近くに球をドロップし、続行してプレーしていくことになります。

ルール・マナーの基本(ライに関するルール)

冬場などコースの状態があまり良くない場合に限り、フェアウェイに落ちたボールを 約15センチ動かせるというルールが適用される場合があります。また落ちたボール付近にある石ころや枝なども取り除く事ができます。(ただし、生えている植物などは抜いたりする事は出来ません) この時には注意が必要で、もしボールを動かした場合には1打罰が科せられます。更にそのボールを元に戻さずプレーしてしまうと、更に1打罰が科せられます。木の枝などにかかり、プレー続行不可能になった場合は、ルールに沿ってボールを動かして プレー再開できます。この場合は1打罰が科せられます。

ページTOPへ

お問い合わせお問い合わせ

三井住友海上インターネットデスク

0120-321-476

[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00
(除く祝日・年末年始)

過去事例

実際にあった補償の具体例をご紹介します。

  • 賠償責任補償
  • ゴルフ場のティーグラウンドでまわりを確認しないで素振りをしたら、パートナーに当たってケガをさせた。
  • ゴルファー傷害補償
  • ゴルフ場でプレー中に後ろのパーティーのボールが当たってケガをした。
  • ゴルフ用品補償
  • ゴルフ練習場でゴルフバッグが盗難にあった。
  • ホールインワン・アルバトロス費用補償
  • 達成のお祝いを記念して贈呈用のタオルを購入した。

その他の具体例

ゴルファー保険おすすめコンテンツ

海外旅行保険@トラベル

保険おまかせ隊