おすすめコンテンツ

知って得するゴルフの話

意外と知らない!?ゴルフの知っておいて損はない情報をご紹介しています。ラウンド中の話のネタなどにもご活用して下さい!

世界一面白いグリーンの形とは

フランスに昔、面白い形をしたゴルフコースがありました。あまりにもいびつな形で、世のゴルファーの間で話題となりました。その形は縦長の長方形でありますが、グリーンの間に大きな窪みがあり、ピンがない方にボールが乗れば、その窪みにボールを転がして、そこから転がり上げてピンがあるグリーンに乗せなければなりません。このコースだけではなくゴルフ場そのもがいびつな形となっているのです。日本にもこのコースと似た様なコースがあるみたいなので、こんなグリーンと出会ったら存分に楽しんで下さい。

世界で最もコピーされているホール

スコットランドにあるノースベリックのコースで世界一真似されているホールがあります。コースの内容としては185ヤード・パー3で、コースの形は下記参照して下さい。

おすすめ


ではなせこのコースが真似されやすいのでしょうか?? それは戦略性に飛んでおり、直接ピンを狙うと手前のバンカーにつかまりやすく、仮にピンの近くにボールを落とせても、傾斜の影響でボールが左へと流せれてしまいます。その他にも数多くのオプションが設定されており、かなり難易度も高いコースとなっています。そのため、世界各地のゴルフコースを設計する際にコピーされたのです。

正しい「ピンの持ち方」知っていますか?

ピンに持ち方なんてあるの??なんていっている様じゃだめですよ!誰が抜こうがどう抜こうが関係なくないのです。このピンの抜き方で初心者か上級者かの区別もすることができます。これを覚えておくだけであなたも上級者の仲間入りです!!

まず、パットする際にピンを抜くと思うのですが、一体誰がこのピンを抜くのでしょうか??

1. ボールがカップに一番近い人
2. 同伴者の中で一番年下の人
3. 誰でも構わない

正解は・・・・1. ボールがカップに一番近い人

ご存知でしたか??
大先輩のボールが近い時には先輩であろうがなかろうが、原則的には抜くのがゴルフのルールです。このルールを破ったからといい罰打とかないので、後輩や一番年下の方が抜くことも多いと思いますが…。
注意点としては、ピンを持ち上げす、ボールがピンにあたった場合、打った人が2打罰となります。 では、抜いたピンはどうしたらいいでしょうか??

1. グリーン上の当たらない所
2. グリーン外の当たらない所
3. あたらなそうな所ならどこでもいい

正解は・・・・2. グリーン外の当たらない所

基本的にはグリーン外に置きます。グリーンが大きい場合であれば、グリーン上に置いても構いませんが、グリーンを傷付けないようにそっと置きましょう。どの場合でも、ボールが当たりそうな場所には置かないようにしましょう。

では、抜いたピンを誰が元に戻すのでしょうか??

1. 最初にカップインした人
2. 一番年下の人
3.だれでも構わない

正解は・・・・1. 最初にカップインした人

後続の方の邪魔にならないように効率良くプレーする事を心掛けましょう。 またピンの持ち方も、旗を上にして持つと、後続の方がピンが挿してあるように見え、危険ですので、旗を下に向けて持つ様にしましょう。

ページTOPへ

お問い合わせお問い合わせ

三井住友海上インターネットデスク

0120-321-476

[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00
(除く祝日・年末年始)

過去事例

実際にあった補償の具体例をご紹介します。

  • 賠償責任補償
  • ゴルフ場のティーグラウンドでまわりを確認しないで素振りをしたら、パートナーに当たってケガをさせた。
  • ゴルファー傷害補償
  • ゴルフ場でプレー中に後ろのパーティーのボールが当たってケガをした。
  • ゴルフ用品補償
  • ゴルフ練習場でゴルフバッグが盗難にあった。
  • ホールインワン・アルバトロス費用補償
  • 達成のお祝いを記念して贈呈用のタオルを購入した。

その他の具体例

ゴルファー保険おすすめコンテンツ

海外旅行保険@トラベル

保険おまかせ隊