ゴルファー傷害補償

ご自身がケガをされた場合

(ゴルファー傷害補償特約)

ゴルファー傷害補償とは

ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内で、ゴルフの競技や練習、または指導中に急激かつ偶然な外来の事故によってケガをされた場合に保険金をお支払いします。

≪お支払いする保険金の種類≫

  • 死亡保険金

事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、傷害保険金額の全額(注)をお支払いします。

(注)既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額となります。

  • 後遺障害保険金

事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合は、後遺障害の程度に応じて傷害保険金額の100%~4%(注)をお支払いします。

(注)既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額が限度となります。また、保険期間を通じてお支払いする保険金は、傷害保険金額が限度となります。

  • 入院保険金

事故によるケガの治療のため、入院された場合、傷害保険金額の1.5 /1,000×入院日数(注)をお支払いします。

(注)事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限ります。

  • 通院保険金

事故によるケガの治療のため、通院された場合、傷害保険金額の1/1,000×通院日数(注1)をお支払いします(注2)。

(注1)事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院に限ります。
また、90日がお支払いの限度となります。

(注2)通院されない場合で、骨折、脱臼、靱(じん)帯損傷等のケガを被った部位を固定するために、その被保険者以外の医師の指示によりギプス等※を常時装着したときは、その日数について通院したものとみなします。

※ギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレ、シーネその他これらに類するもの(硬性コルセット、創外固定器具等をいいます。)をいいます。屈曲・伸展等の関節運動が可能な装具等(バストバンド、軟性コルセット、サポーター、頸(けい)椎カラー等)は含まれません。

※1 被保険者が事故の発生の日からその日を含めて180日を超えてなお治療を要する状態にある場合は、引受保険会社は、事故の発生の日からその日を含めて181日目における被保険者以外の医師の診断に基づき後遺障害の程度を認定して、後遺障害保険金をお支払いします。

※2 柔道整復師(接骨院、整骨院等)による治療の場合、保険金をお支払いする日数の認定にあたっては、傷害の部位や程度に応じ、医師の治療に準じて認定し、お支払いします。また、鍼(はり)・灸(きゅう)・マッサージ等の医療類似行為については、被保険者以外の医師の指示に基づいて行われた治療のみ、お支払いの対象となります。

プレーの前日でも間に合います!

ゴルフ保険@ごるふに関するお問い合わせ

三井住友海上インターネットデスク

0120-321-476(無料)

[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00
(除く祝日・年末年始)