補償内容

補償内容について詳しくご紹介致します。

賠償責任補償他人に対して損害賠償責任を負った場合

(個人賠償責任保険普通保険約款+ゴルファー特別約款)

海外も補償、他人に対して損害賠償責任を負った場合

賠償責任補償とは

日本国内外におけるゴルフ場、ゴルフ練習場、ご自宅等で、ゴルフの練習、競技または指導中の偶然な事故により、他人の生命または身体を害したり、他人の財物(ゴルフカート等、他人から借りた、または預かったものを除く)を損壊して法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金をお支払いします。

≪お支払いする保険金の種類≫

① 損害賠償金 法律上の損害賠償責任に基づいて損害賠償請求権者に対して支払うべき治療費や修理費等(損害賠償請求権者に対する遅延損害金を含みます。)
② 損害防止費用 事故が発生した場合の損害の発生または拡大の防止のために必要または有益であった費用
③ 権利保全行使費用 発生した事故について、他人に損害の賠償を請求することができる場合に、その権利を保全または行使するために必要な手続に要した費用
④ 緊急措置費用 事故が発生した場合の緊急措置(被害者の応急手当等)に要した費用
⑤ 協力費用 引受保険会社が発生した事故の解決にあたる場合、引受保険会社へ協力するために要した費用
⑥ 争訟費用 損害賠償に関する争訟について支出した訴訟費用、弁護士報酬等の費用
  • ※1
  • 上記①から④の保険金については、それぞれの規定により計算した損害の額から保険証券記載の免責金額を差し引いた額をお支払いします。ただし、保険証券記載の支払限度額を限度とします。なお、②損害防止費用および④緊急措置費用を除き、事前に引受保険会社の同意が必要となりますので、必ず引受保険会社までお問い合わせください。
  • ※2
  • 上記⑤協力費用、⑥争訟費用の保険金については、原則として支払限度額の適用はありません。ただし、⑥争訟費用については①損害賠償金の額が支払限度額を超える場合には次の金額を限度とします。

お支払いする争訟費用の額=⑥争訟費用の額×①損害賠償金の額

  • ※3
  • ①損害賠償金についてのご注意
    被保険者が損害賠償請求権者に対して支払わなければならない損害賠償金の額は、適用される法律の規定、被害者に生じた損害の額および被保険者の過失割合等によって決まります。被保険者が、法律上の損害賠償責任がないにもかかわらず被害者に対して支払った見舞金等は、保険金のお支払対象とはなりません。

示談交渉は必ず引受保険会社とご相談いただきながらおすすめください。

この保険では、保険会社が被保険者に代わって損害賠償請求権者と示談交渉を行う『示談交渉サービス』を行いませんが、万一、被保険者が損害賠償責任を負う事故が発生した場合には、賠償問題が円満に解決するようご相談に応じさせていただきます。なお、あらかじめ引受保険会社の同意を得ないで損害賠償責任を認めたり、損害賠償金等を支払われた場合には、損害賠償責任がないと認められる額等が保険金から差し引かれることがありますのでご注意ください。

保険金をお支払いしない主な場合

◆保険契約者または被保険者の故意によって生じた損害賠償責任

◆戦争、暴動、天災(地震、噴火、洪水、津波など)等に起因する損害賠償責任

◆被保険者と生計を共にする同居の親族に対する損害賠償責任

◆被保険者が他人から借りたり預かったりしている財物が損害を受けたことにより、被保険者が貸主に対 して負担する損害賠償責任

上記以外にもお支払いしない場合があります。保険金をお支払いしない場合の詳細は普通保険約款・特別約款および特約の「保険金を支払わない場合」等の項目に記載されていますので、必ずご確認ください。

ページTOPへ

ゴルファー傷害補償ご自身がケガをされた場合

(ゴルファー傷害補償特約)

海外も補償、ご自身がケガをされた場合

ゴルファー傷害補償とは

ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内で、ゴルフの競技や練習、または指導中に急激かつ偶然な外来の事故によってケガをされた場合に保険金をお支払いします。

≪お支払いする保険金の種類≫

死亡保険金 事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合、傷害保険金額の全額(注)をお支払いします。
  • (注)
  • 既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額となります。
後遺障害保険金 事故によるケガのため、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に後遺障害が生じた場合は、後遺障害の程度に応じて傷害保険金額の100%~4%(注)をお支払いします。
  • (注)
  • 既にお支払いした後遺障害保険金がある場合は、傷害保険金額から既にお支払いした後遺障害保険金の額を差し引いた残額が限度となります。また、保険期間を通じてお支払いする保険金は、傷害保険金額が限度となります。
入院保険金 事故によるケガの治療のため、入院された場合、傷害保険金額の1.5 /1,000×入院日数(注)をお支払いします。
  • (注)
  • 事故の発生の日からその日を含めて180日以内の入院に限ります。
通院保険金 事故によるケガの治療のため、通院された場合、傷害保険金額の1/1,000×通院日数(注1)をお支払いします(注2)。
  • (注1)
  • 事故の発生の日からその日を含めて180日以内の通院に限ります。
    また、90日がお支払いの限度となります。
  • (注2)
  • 通院されない場合で、骨折、脱臼、靱(じん)帯損傷等のケガを被った部位を固定するために、その被保険者以外の医師の指示によりギプス等※を常時装着したときは、その日数について通院したものとみなします。
  • ギプス、ギプスシーネ、ギプスシャーレ、シーネその他これらに類するもの(硬性コルセット、創外固定器具等をいいます。)をいいます。屈曲・伸展等の関節運動が可能な装具等(バストバンド、軟性コルセット、サポーター、頸(けい)椎カラー等)は含まれません。
  • ※1
  • 被保険者が事故の発生の日からその日を含めて180日を超えてなお治療を要する状態にある場合は、引受保険会社は、事故の発生の日からその日を含めて181日目における被保険者以外の医師の診断に基づき後遺障害の程度を認定して、後遺障害保険金をお支払いします。
  • ※2
  • 柔道整復師(接骨院、整骨院等)による治療の場合、保険金をお支払いする日数の認定にあたっては、傷害の部位や程度に応じ、医師の治療に準じて認定し、お支払いします。また、鍼(はり)・灸(きゅう)・マッサージ等の医療類似行為については、被保険者以外の医師の指示に基づいて行われた治療のみ、お支払いの対象となります。

保険金をお支払いしない主な場合

◆保険契約者、被保険者または保険金受取人の故意または重大な過失によるケガ

◆被保険者の自殺行為、犯罪行為または闘争行為によるケガ

◆戦争、暴動、地震、噴火、津波、核燃料物質等の放射性・爆発性等によるケガ

◆被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失によるケガ

◆頸(けい)部症候群、 腰痛その他の症状を訴えている場合に、それを裏付ける医学的他覚所見のないもの

◆被保険者の入浴中の溺水(注1)。ただし、入浴中の溺水(注1)が、引受保険会社が保険金を支払うべき

ケガによって生じた場合には保険金をお支払いします。

◆誤嚥(えん)(注2)によって生じた肺炎

  • (注1)
  • 水を吸引したことによる窒息をいいます。
  • (注2)
  • 食物、吐物、唾液等が誤って気管内に入ることをいいます。

上記以外にもお支払いしない場合があります。保険金をお支払いしない場合の詳細は普通保険約款・特別約款および特約の「保険金を支払わない場合」等の項目に記載されていますので、必ずご確認ください。

ページTOPへ

ゴルフ用品補償ゴルフクラブをこわしてしまった等の場合

(ゴルフ用品補償特約)

海外も補償、ゴルフ用品に事故があった場合

ゴルフ用品補償とは

ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内にて、ゴルフ用品の盗難(注1)およびゴルフクラブの破損・曲損事故(注2)が生じた場合に、保険金額を限度として修理費等の損害の額をお支払いします。

なお、ここでの『ゴルフ用品』とは、被保険者が所有している保険証券に記載されたゴルフクラブ、ゴルフボール、およびその他のゴルフ用に設計された物、ならびに被服類、またはそれらを収容するバッグ類を指します。

ただし、時計、宝石、貴金属、財布、ハンドバック等の携行品は、ここでの『ゴルフ用品』には含まれません。ゴルフボールの盗難については、他のゴルフ用品と同時に盗難された場合にのみ、保険金をお支払いします。

  • (注1)
  • 自宅駐車場等、ゴルフ場やゴルフ練習場以外の場所での盗難に対しては保険金をお支払いしません。
    また、ゴルフボールの盗難については、他のゴルフ用品の盗難と同時に生じた場合に限り保険金をお支払いします。
  • (注2)
  • ゴルフクラブ以外のゴルフ用品の破損・曲損に対しては保険金をお支払いしません。

≪お支払いする保険金の種類≫

全損の場合 再調達価額から使用による消耗分を差し引いた金額
分損(注3)の場合 修理費(ただし、再調達価額から使用による消耗分を差し引いた金額を限度とします。)
  • (注3)
  • 全損にいたらない場合をいいます。
  • ※1
  • お支払いする保険金は、保険期間を通じて保険金額が限度となります。
  • ※2
  • 盗難事故が発生した場合、必ず警察に届けてください。
  • ※3
  • ゴルフクラブ以外のゴルフ用品については盗難に対してのみ保険金をお支払いします。ただし、ゴルフボールの盗難については、他のゴルフ用品の盗難と同時に生じた場合に限り保険金をお支払いします。

保険金をお支払いしない主な場合

◆保険契約者、被保険者の故意または重大な過失によって生じた損害

◆戦争、暴動、地震、噴火、津波、核燃料物質等の放射性・爆発性等による損害

◆自然の消耗または性質による変質等によって生じた損害

◆ゴルフ用品の置き忘れまたは紛失

上記以外にもお支払いしない場合があります。保険金をお支払いしない場合の詳細は普通保険約款・特別約款および特約の「保険金を支払わない場合」等の項目に記載されていますので、必ずご確認ください。

ページTOPへ

ホールインワン・アルバトロス費用補償ホールインワン・アルバトロスを達成した場合

(ホールインワン・アルバトロス費用補償特約)

ゴルフの競技または指導を職業とされている方が被保険者となる場合はセットすることができません。

日本国内のみ、ホールインワン・アルバトロスを達成した場合

ホールインワン・アルバトロス費用補償とは

日本国内のゴルフ場において、被保険者が達成した以下の1または2のホールインワンもしくはアルバトロスについて、達成したお祝いとして実際に要した費用をお支払いします。

1. 以下のAおよびBの両方が目撃(注)したホールインワンまたはアルバトロス

  • A 同伴競技者
  • B 同伴競技者以外の第三者(同伴キャディ等。具体的には以下の方を指します。)

同伴キャディ、ゴルフ場の使用人、ゴルフ場内の売店運営業者、ワン・オン・イベント業者、先行・後続のパーティのプレイヤー等

  • セルフプレーでキャディを同伴していない場合は、同伴キャディの目撃証明に替えて前記B.の目撃証明がある場合に限り保険金をお支払いします。

2. 達成証明資料により、その達成を客観的に証明することができるホールインワンもしくはアルバトロス

対象となるホールインワン・アルバトロス

対象となるホールインワンもしくはアルバトロスは、

  • アマチュアゴルファーが、ゴルフ場でパー35以上の9ホールを正規にラウンドし
  • 1名以上の同伴競技者と共に(公式競技の場合には、同伴競技者は不要です。)プレー中に達成したホールインワンもしくはアルバトロスで、
  • その達成および目撃証明を引受保険会社所定のホールインワン・アルバトロス証明書によって証明することが可能であるものに限ります。
  • (注)
  • 「目撃」とは以下の場合をいいます

<<ホールインワンの場合>>

被保険者が第1打で打ったボールがホールに入ったことをその場で確認することをいいます。

<<アルバトロスの場合>>

被保険者が基準打数より3つ少ない打数で打った最終打のボールがホールに入ったことをその場で確認することをいいます。

≪注意事項≫

原則として、セルフプレー時に達成したホールインワンまたはアルバトロスは保険金支払の対象にはなりません。
(セルフプレー時等キャディを同伴しない場合のお支払対象については、上記※印のご説明をご参照ください。

≪お支払いする保険金の種類≫

次の費用のうち実際に支出した額をお支払いします。

  • 1.
  • 贈呈用記念品購入費用

贈呈用記念品には、貨幣、紙幣、有価証券、商品券等の物品切手、プリペイドカードは含まれません。
ただし、被保険者が達成を記念して作成したプリペイドカードについては、贈呈用記念品に含みます。

  • 2.
  • 祝賀会に要する費用
  • 3.
  • ゴルフ場に対する記念植樹費用
  • 4.
  • 同伴キャディに対する祝儀
  • 5.
  • 上記1~4以外のその他慣習として負担することが適当な社会貢献、自然保護またはゴルフ競技発展に役立つ各種費用。ただし、保険金額の10%を限度とします。

≪注意事項(ホールインワン・アルバトロス費用補償について)≫

複数の保険をご契約いただいていても、お支払額はそのうちの最も高い保険金額が限度となります!

  • ※1
  • ホールインワン・アルバトロス費用を補償する保険を複数(引受保険会社、他の保険会社を問いません。)ご契約の場合、ホールインワン・アルバトロス費用保険金のお支払額は単純に合算されず 、最も高い保険金額を限度としてお支払いします。
  • ※2
  • 引受保険会社がお支払いする保険金は、「最も高い保険金額」から、1回のホールインワンまたはアルバトロスにつき既にお受け取りになられた保険金を差し引いた残額となり、保険金額を限度とします。

保険金をお支払いしない主な場合

◆日本国外で達成したホールインワンまたはアルバトロス

◆ゴルフ場の経営者が、その経営するゴルフ場で達成したホールインワンまたはアルバトロス

◆ゴルフ場の使用人(注) が実際に勤務しているゴルフ場で達成したホールインワンまたはアルバトロス

(注) 臨時雇いを含みます。

上記以外にもお支払いしない場合があります。保険金をお支払いしない場合の詳細は普通保険約款・特別約款および特約の「保険金を支払わない場合」等の項目に記載されていますので、必ずご確認ください。

ページTOPへ

変額保険 貯蓄 資産のみかた

お問い合わせお問い合わせ

三井住友海上インターネットデスク

0120-321-476

[受付時間] 月~金曜日 9:00~17:00
(除く祝日・年末年始)

過去事例

実際にあった補償の具体例をご紹介します。

  • 賠償責任補償
  • ゴルフ場のティーグラウンドでまわりを確認しないで素振りをしたら、パートナーに当たってケガをさせた。
  • ゴルファー傷害補償
  • ゴルフ場でプレー中に後ろのパーティーのボールが当たってケガをした。
  • ゴルフ用品補償
  • ゴルフ練習場でゴルフバッグが盗難にあった。
  • ホールインワン・アルバトロス費用補償
  • 達成のお祝いを記念して贈呈用のタオルを購入した。

その他の具体例

ゴルファー保険おすすめコンテンツ

海外旅行保険@トラベル

保険おまかせ隊